SNSフォローボタン
ぽべこをフォローする

【2020年版】おそらの絵本の口コミ評価や効果。寝かしつけに有効?

育児グッズ
スポンサーリンク

おそらの絵本は寝かしつけに便利なプロジェクター型の絵本です。

スマホにとりつけるだけで、簡単にホームシアター風に楽しめます。

この記事ではおそらの絵本ミニについて

・実際に購入して使ってみた感想
・寝かしつけの効果

などを紹介していきます

スポンサーリンク

おそらの絵本とは

まずおそらの絵本がどんな製品か紹介します。

おそらの絵本の基本情報

おそらの絵本は羊型の本体に絵本のディスクを差し込み、スマホに取り付けて使用します。

本体はミニとスタンダードの2種類。

おそらの絵本ミニ

我が家はミニを購入しました。
ミニとスタンダードで機能の面に違いはなく、単純にミニの方が一回り小さいです。

両方売っていた際はミニを購入して問題ないでしょう。

おはなしディスクは全部で32種類販売されています。

ふわふわモクモクのおはなしディスク

本体購入時に「ふわふわモクモク」はついてくるので、まずは試したいと言う方は本体のみの購入でOKです。

もっといろいろ試したい!と言う方は豊富なラインナップから、好きなものを購入する事ができますよ。

実際の使い方

おそらの絵本を使用するには、まずはアプリのインストールが必要です。

おそらの絵本
おそらの絵本
開発元:LIVE ENTERPRISE Co.,Ltd
無料
posted withアプリーチ

①おそらの絵本をスマホに取り付ける

おそらの絵本をスマホに取り付け

スマホを挟む形でおそらの絵本を取り付けます。

クリップのようになっており、それで挟む形です。

スマホのライトの部分と、おそらの絵本のレンズの部分が重なるようにしてくださいね。

②絵本を選び、ライトで映しながら調整

おそらの絵本アプリで絵本を選ぶ

お話する絵本をラインナップから選びます。

おそらの絵本・投影の様子

そのあとに実際にライトとレンズが合っているか、天井に写しながら確認します。

ぽべこ
ぽべこ

写真が下手でちゃんと映ってないけど、実際はもっとくっきり映るよ

【初回のみ】十字キーで取り付け位置を記録

おそらの絵本アプリ・十字キー調整

十字キーとおそらの絵本の取り付け位置を合わせ、記録しておきます。
こうする事で次回から取り付けが簡単になりますね!

③BGMを選び、お話スタート

BGMは癒しのオルゴール曲など、16曲も用意されていて、充実しています。

もちろん、BGMなしの利用もできるので、お好みでどうぞ♪

④お話を読みながら、ディスクやアプリを操作

おそらの絵本は自動で読み上げる機能はついていません。
大人が実際に読んであげてくださいね。

おそらの絵本アプリ・操作説明


アプリに表示される文章を読み進めると、時折、効果音のボタンがあります。
タイミングを合わせて、タップするとかわいい効果音が鳴り、より物語を楽しめますよ♪

ディスク操作


ページをめくる際は、ディスクを回転させてください。
アプリも次ページへ進み、物語を進めていきます。

⑤最後まで進むとライト消灯

おそらの絵本アプリ・おやすみなさい


物語が終わると、「ホームへ戻る」「1ページ目へ戻る」の選択肢が出てきます。

1ページ目へ戻ると、もう一度最初から読むことができます。

ぽべこ
ぽべこ

エンドレスもーいっかい攻撃に対応!

「ホームに戻る」と押すと、ライトが消えてプロジェクターは終了します。

おそらの絵本を実際に使ってみた評価


おそらの絵本ミニを購入し、2歳の息子に実際使ってみた効果を紹介します。

おそらの絵本導入前の状況

まず最初におそらの絵本導入前の息子(2歳)について。

夜テンションが上がってしまうのか、遊びが楽しくなり、寝室になかなか行きません。

ベッドへ連行しても「トイレ」など巧妙なウソをつき、逃亡して遊びだします。

その分寝る時間は遅くなるし、私の寝落ち率も上昇し、家事や自分の時間がなくなり悪循環…。

寝かしつけタイムに毎日イライラしていまい、自己嫌悪に陥っていました。

ぽべこ
ぽべこ

もう寝かしつけしたくない…

おそらの絵本の効果

おそらの絵本・投影の様子

寝かしつけのストレスを軽減するため、私はおそらの絵本を導入する事にしました。

初日は新しいオモチャにわくわくしながら、寝室に連れ込む事に成功しました。

しかし、天井に投影すると「こわい!」と大不評…。
初めて見るものに動揺したようです。

ぽべこ
ぽべこ

終わった…と、思いきや…!

しかし、2日目からは「おほしさま見る!」と自分から、おそらの絵本を要求するように!

デフォルトで付いてくるディスク『ふわふわモクモク』を「ブーブー!」「きしゃ!」と大興奮で楽しみました。

それからは「おほしさま見よう」と誘えば、スムーズに寝室に来てくれるようになりました。

ぽべこ
ぽべこ

本っっっっ当に、ありがたい…!!

また、プロジェクターのおもちゃは、ディズニーのドリームスイッチやおやすみホームシアターなどもありますが、おそらの絵本は値段が手ごろなのが嬉しいです。

万が一効果がなくても、懐事情や精神的ダメージは少なく済みます。

おそらの絵本で試してみて、子どもが楽しんでいるようなら、ドリームスイッチ・おやすみホームシアターを購入すると言う方法もあると思います。

ぽべこ
ぽべこ

せっかく買ったのに効果なしは辛いもんね

おそらの絵本のメリット
・スムーズに寝室に来てくれるようになる
・子によってはそのまま寝てくれる
・値段が手ごろ
・あとから絵本のバリエーションを増やせる

改善されたら嬉しいポイント

実際使ってみて、ちょっと残念だったのは操作性です。

正直、面倒くさいです。

  1. アプリ操作
  2. ディスク操作
  3. お話読み上げ
  4. スマホを支えて投影

この4つを親は同時進行でやらなくてはなりません。

ドリームスイッチのように、一緒に横になって眺めるだけ…とはいきません。

エンドレスもう一回攻撃が始まると、正直腕がかなり辛くなってしまいます。

そして、息子はお話を読んでる途中に寝た事はありません。
寝かしつけと言うより、寝室へ連れてくための道具になっていますね。
ただ、お話に満足すると「寝るんだ」と理解できるのか、寝る体制には入ってくれます。

ぽべこ
ぽべこ

それだけでもありがたい!!

おそらの絵本の改善ポイント
・操作が面倒くさい
・長時間やると腕が辛い
・寝てくれるとは限らない

改善点も挙げましたが、全自動のドリームスイッチと比べるとおそらの絵本は1/5程度の価格です。

アナログで手作業が多いのも仕方ないとも言えますね。

寝かしつけを完全に代行して欲しい!面倒なのは嫌!と言う方はドリームスイッチの方がおすすめかもしれません。

まとめ

おそらの絵本を購入した結果として、私はかなり満足しています!

操作が面倒だったり、結局寝てくれなかったりもしましたが、価格以上の効果はありました。

スムーズに寝室に行ってくれるだけで、ストレスはかなり減りましたし、実際に息子の寝る時間も早くなってきました。

このお値段でこれだけの効果が得られるなら、満足ですね。

また、寝かしつけ効果抜群と話題の「おやすみロジャー」や「おやすみエレン」のディスクもあるので、今後試してみたいなと思いました。

試してみた結果はまたブログで報告しますね。

購入の際は本体とディスクばらばらよりも、本体+ディスクがセットになったものの方がお得に購入できます。
最初から数種類のお話を楽しみたい方はこちらがおすすめですよ。

ぽべこ
ぽべこ

快適な寝かしつけライフを!

タイトルとURLをコピーしました